乾燥解消のためにやった複数回の化粧水塗布

肌の乾燥を気にしていたときに美容のプロからのさりげないアドバイスを受けて、メンズ化粧水を今までの2倍から3倍ほど肌に入れるようにしました。これまでのスキンケアの流れとしては、洗顔後に化粧水を1回塗布して乳液でしたが、乾燥肌を改善するために化粧水は2回から3回入れるようにしています。1回でたくさん肌に入れようとしても浸透しないので、芦屋市の内科の先生に教えてもらって、手のひらで顔全体に1回目を入れてから、肌に手のひらが吸い付くのを確認して、少しだけ時間をおいてから2回目を入れて、さらに3回目の化粧水を入れるようにしました。美容成分としても化粧水は内容的にほとんどが水ですから、美容成分の効果はあまり期待はしないで、肌に水分という潤いを満たすことに専念しての保湿ケアです。肌乾燥はメイクのノリも良くないので、とにかく早く乾燥をしやすい肌を改善したくて、朝晩の数回の化粧水を塗布を徹底しました。ひと月本当にまじめに化粧水を入れる回数を増やしたところ、アドバイスに従っただけですが肌の乾燥は無くなり、潤いある肌を手に入れることができたのです。