脳梗塞後遺症で長らく入院をして

夫の父親はもともと高血圧症でした。しかも、メンズ化粧水の価格は本人や夫の母親は否定していましたが、肥満体型で、軽く糖尿病も潜んでいたのではないか、と私は思っています。そういう夫の父親が脳梗塞になりました。緊急に芦屋市打出の内科医に脳梗塞を発症する前から、うつ状態で、継続治療を受けていましたので、その影響もあり、もともと活動は抑制されていた状態でしたから、身体能力は高くはありませんでした。脳梗塞の後遺症を発症して入院後、リハビリテーションを行っても、うつ状態もあるものですから、なかなかリハビリテーションにうまく取り組むことができませんでした。結果的に、回復が見込めず、また、嚥下の障害も併発してしまい、急性期の病院から慢性医療を専門とする病院に変わることになりました。最終的に、数年間入院をさせてもらって、他界しました。この経験で思ったのは、数年間入院をさせてくれる病院があった、という事実でした。元医療従事者の私としては、いつこの病院を追い出されることになるんだろう、とずっと思っていましたが、最後まで病院に入院させてくれていたのです。そのなぞは詳細はわかりませんが、こんなこともあるんだ、と思いました。